Thursday, September 27, 2012

(145) この男



これがその男だ。禅道でひたすらに座り続けた男。座ることを曹洞宗に打ち立てた男。ひたすら座り続け自らを突き詰めた男。永平(1200-1253) 仏座の下には彼の一部があるという伝説がある。彼の名を冠した福井の永平寺がいつか破壊された時、運ばれたと言われている。さてどうだろう。大事なことは座ることだ。

(大きいサイズの写真はカラー、白黒ともFlickr内の「日本あれこれ」で見られます。

No comments :