Monday, August 1, 2016

(1122) 宗教を軽んずなかれ


とはいうものの日本では西洋に比べ、より日常的な部分に溶け込んでいる感覚がある。

以下はその例。上野にある台東区役所近くの小さな寺、宋雲院である。台東区と言えば、浅草、上野の他、おもしろい地域が集まっている。

宋雲院は江戸初期1611年に創建された禅の臨済宗の寺である。

この寺が手工芸家が作品を売るためのバザーに場所を提供している。このイベントは定期的に行われ、その名も「Tera de Marche(寺でマルシェ)」である。

マルシェの日には、境内を含め、寺内のほぼすべての場所が何十人もの手工芸家に提供される。彼らはアマチュアだったり、プロだったり、それぞれだが、作品を展示販売する。ここには当然近所の人もやってくる。私にはエルサレムの神殿で鞭を振る話が思い出される。文化は違うのだ。










(大きいサイズの写真はカラー、白黒ともFlickr内の「日本あれこれ」で見られます。

No comments :