Monday, October 20, 2014

(662) そして佃島へ(1)


月島は観光客を呼べるようなものを一生懸命求めた。だが、島の北部にちょっと足を延ばせば、全く異次元の世界、佃島がある。


島の入口には灯台がある。江戸時代の様式で作られ、その時代へとタイムスリップする。

(大きいサイズの写真はカラー、白黒ともFlickr内の「日本あれこれ」で見られます。この日の写真が全て入ったアルバムもこちら。)

No comments :