Monday, April 23, 2012

(35) 歌舞伎 そのあるべき姿

 

とにもかくにもシェークスピアのグローブ座に似ている。同時に江戸時代(1603-1868)、歌舞伎をやるためだけに設えられた芝居小屋そのものだ。当時はそれが一番ふさわしい劇場だった。東京、浅草で第十八代中村勘三郎一座がかけている中村座―芝居小屋の姿。

(大きいサイズの写真はカラー、白黒ともFlickr内の「日本あれこれ」で見られます。

No comments :