Monday, January 24, 2011

(2) 迎春



日本人にとって新年を迎えることは大きな意味がある。そのため、この時期には様々な伝統的な行事がある。1月2日、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)がある。往復210キロ余りの距離を10人の大学生がリレーする競技である。新しい年の始めにタスキをチームメイトに渡すために20kmを全力で走り抜ける学生たち。彼らを応援するために毎年、沿道には数万人の日本人が立つ。6時間にわたるテレビ放送の視聴率は29%に昇る。初春の日本人はこの学生たちに何を見ているのだろうか。

No comments :