Wednesday, July 22, 2015

(856) 米一石金一両


食文化としてだけではなく、 日本文化において米がいかに重要かはこれまでも言及してきた。だが触れていなかったこともある。特に江戸時代までは米は経済的な指標としても重要だった。現代社会で石油や貴金属のような役割である。米商人は日本では実質的には株式仲買人や銀行家であった。今でも米穀店として頑張っているこの小さな店も、200年前なら少なくとも5倍以上は大きく、店主は億万長者だっただろう。

(大きいサイズの写真はカラー、白黒ともFlickr内の「日本あれこれ」で見られます。

No comments :