Thursday, August 27, 2015

(879) 個人用神様 part 129


家庭内のお寺またはこの場合、神社に眼を奪われたのは初めてではないし、恐らく最後でもないだろう。申し上げられることは、まだこうした風景を非現実的に感じると言うことだ。特に東京の都会的な地域で眼にする時には。

(大きいサイズの写真はカラー、白黒ともFlickr内の「日本あれこれ」で見られます。

No comments :