Thursday, July 5, 2012

(86) 粛として


鎌倉の大仏の背にある庭には何十回も行っているはずだった。なのになぜこれまで気づかなかったのだろう。名もなき「阿羅漢」(サンスクリット語でアルハット)は石灯籠に隠れていた。ひっそりと…阿羅漢が本来意味する通りに…。

(大きいサイズの写真はカラー、白黒ともFlickr内の「日本あれこれ」で見られます。

No comments :